ペット火葬が主流の日本とペット土葬が主流のアメリカ

日本は99%ペット火葬!しかし世界は土葬が主流

日本とアメリカのペット葬儀の違い

日本ではペット火葬が一般的ですが、ペット土葬を行うケースもあります。対してアメリカは、ペット土葬が一般的ですが、ペット火葬を行うこともあります。同じ葬儀方法でも、日本とアメリカでは、様々な違いが出てきます。

ペット火葬の違い

アメリカでもペット火葬をしてないわけじゃない(40代/女性)

アメリカは、土葬というイメージが強いですが、意外に火葬率が高いです。その理由は、土葬費用が払えなかったり、アメリカへの訪問者が客死したりした場合に火葬が行われるからです。しかし日本とアメリカのペット火葬では、大きな違いがあります。それはアメリカのペット火葬では、ほとんど残らないことです。日本の火葬炉よりも、強い火力を使っているので、骨が残らないのです。

ペット土葬の違い

日本でのペット土葬は
ペット土葬を行えば、腐敗菌や土中の微生物の働きによって、数ヶ月程度で肉は完全に無くなります。そして、骨だけになって、遺体は土に還ります。しかし日本の土壌は、酸性寄りのため、数十年と長い間埋め続けると、酸によって侵食されて骨まで綺麗に無くなります。
アメリカのペット土葬は
ペット土葬が主流のアメリカでは、死体が腐敗しないような処置を行います。腐敗の原因となる血液を抜き、防腐剤を注入したり、事故で傷を負った遺体の場合は生きていた時の姿になるように修復したりします。このような処置を行うことで、冷却しなくても常温保存ができ、長距離の輸送にも耐えられるのです。

ペット火葬やペット土葬と言っても、国が違えばその方法も変わってきます。日本の場合は、ペット火葬するために費用がかかりますし、ペット土葬するためには土地が必要になります。

TOPボタン